HOMEWORK > 作品詳細
天使のとき

ジャンル:エッセイ・小説

天使のとき

「一生に一度だけ、春画を描きたかった」。著者が遂に刊行を決意した衝撃の家族のシュールな物語。チチとハハはうなぎ丼を食べ、かやの中でまぐわい、アニとイモウトは生まれた。ハハに愛されるアニ、ハハに憎まれる私。ぽいっと捨てられるチチとハハ。『シズコさん』につながるハハとの葛藤をえがき、幼き日々のアニとの幸せな交歓が詩的に表現される。柔らかでエロティックなエッチング。


著 佐野洋子

出版社 朝日新聞出版

刊行 2008年

定価(税別)1,500円